スーパーサラリーマン左江内氏 3話 感想

 今回は、左江内氏の娘はね子がアイドルグループのオーディションを受験し、落選するまでを描く回だったな。

 

 今回はいろいろ書きたいことがあるが、ひとまず「アイドルの資格」についてやな。「ルージュパンク」のセンター真中ありさがはね子に向かって言い放った、「アイドルはねぇ!アイドルをやってるのが大好きな子じゃないとできないの!」というこの言葉こそ、今回最大の肝やったな。これは彼女の本心から出た言葉に間違いないが、このことに彼女自身が気付いたのは、恐らくこの日が初めてやったんやろう。真中は自分が母親の言いなりでアイドルをやってると思っていた。スポンサーや監督に笑顔を振りまいたり、必要ない相手には堂々と見下したりなんてのも母親の入れ知恵だった。そうやって母親の言うことを無批判に受け入れてアイドルを続けるのが、母親の幸せに繫がると信じていたからな。三日目の撮影が終わったあと、「つらいなら辞めちゃえば?」という左江内氏の言葉に強く反論したことからも、そういう気持ちが垣間見える。しかし、今回の誘拐事件で初めて自分の意志に気付くわけや。「アイドルをやりたい」という自分の意志にや。同時に、その意志こそアイドルで最も重要なもんだとも感じたんやろう。それで、あまったれた思いでオーディションを受験したはね子に対して、前述のキツい台詞を言い放ったんやな。ここで重要なのは、真中にその「気付き」を与えたのに左江内氏が関与してるということや。左江内氏がこうして彼女を無事救出し、オーディション会場に送ったからこそ、はね子が落選することができたんや。はね子は表面的にはアイドルに憧れているように描かれていたが、本心では恐らく違ったんやろう。左江内氏の「円子を喜ばせるため」という推測や、落選した夜にベッドで見せた笑みからもこの意志が伺える。つまり、左江内氏が真中を救出したのが、結果として家族であるはね子を救うのにも繋がる、ドラマとして非常に調和の取れたストーリーになっているんや。既放送分と比べると格段に構成が練られていたし、現時点では間違いなく今期ドラマでベストに入る良いエピソードやったわ。

 

 最後にちょっとした意見やが、左江内氏は誰とでも本音で語り合える本当に素晴らしい大人やな。真中もわざわざ左江内氏を呼び出すぐらい気に入ってたし、これも一つの能力なんやろな。