読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思ったことメモ③

少年時代の硬派さを保ったまま成長するのってすごく難しいと思う

 

俺は藤子不二雄先生の作品が好きで、小学三年生の時にどっぷりとハマって以来それなりにファンの道を歩み続けてきたつもり。特に小学生から中学二年ぐらいまでが一番藤子熱の高かった頃で、当時はアニメやゲームなんかには全く手を出さず、一心不乱に藤子作品を読んでた。というかそれ以外の趣味なんて必要ないと本気で思ってたしw とにかく読んで楽しんで満足して、そのうち「これは許せるけど、これだけは絶対に許せない」みたいな信念も生まれて

別にこの程度の人世の中そこら中にいるし、だからすごいだろって言いたい訳じゃないんだけど、でも当時は自分の考えを強く信じていたなぁって

 

そんなことを思い出しながら最近の自分のオタク活動を自省すると本当に悲しくなる。本音では大して面白くないアニメを惰性で見たり、Twitterでそのアニメの話題で馴れ合ったり、掲示板でいつか使えそうな知識を得て満足したり等々で、

気付いたら他人の眼を意識したくだらないステータス向上やマウンティングばっかに気を取られた、惨めで軟派なオタクとも言えないゴミに成り下がってたんだよね

 

で、なんでこんな風になっちゃったのかと考えたけど、理由の一つはやっぱり他人との付き合いかなぁって。共通の話題で交友関係広げていくのって、よっぽど人間的魅力に溢れた人以外、多少自分を曲げていかないと難しいし。もちろん自分と反対の意見に賛同するとかそういう直接的なことではないけどもね。怖いのは無意識にそういう行為をやっていること

あとTwitterってリツイートやふぁぼでツイートの価値を定量的に測ることができるから、できるだけ賛同の得られる意見を言いたいとか、有用な情報を入手してチヤホヤされたいとかそういう醜い承認欲求も生まれちゃったんだよね

それでいつの間にか「これだけは許せない」みたいに心に刻んだ信条さえも許してしまうような軟派な人間になってしまったんだと思う

 

もちろんこれって俺の性格に依るものが大きいし、一般的には言えないことだと思うんだけど。だから長年インターネットやりながらも他人の意見に流されずに常に硬派であり続ける人って本当に偉大に見えるし見習いたい